時流に乗ったビジネスをしよう!

ブログをご覧いただきありがとうございます!

Webマーケッターの

Hajime(@Hajime_48)です。

 

今回は、

時流に乗ったビジネスをしよう!

というテーマでお伝えします。

 

ゆり
Hajimeさん!時流って何ですか?笑

Hajime
普段なかなか使わない言葉ですからね!時流とはその時代の傾向・流行りということですね。つまり今回は、その時代に合わせたビジネスをしようという意味になります。

ゆり
なるほど!それでは早速お聞かせください♡

なぜ、時流に乗ったビジネスをすべきなのか

時流に乗ったビジネスを行うことは

とても大切です。

 

例えば自分の能力が1しかなくても

時流に乗ったビジネスを行えば

簡単に成功することもあります。

 

逆に、自分の能力が100あっても、

時流に逆らったビジネスを行うと

失敗することもあります。

 

そのくらい、

時流というものは大切になってきます。

 

ちなみに、

この記事を作成しているのは

2019年8月22日です。

 

今現在、世間ではタピオカが流行っています。

 

 

一つのタピオカを求めて、

5時間待ちの行列が出来るほどです。

 

 

いわゆる

タピオカブームが起こっているわけですね。

 

このように時流に乗ったビジネスを行えば、

昨年までは

売上が落ち込んでいたお店であっても、

爆発的な人気を誇るお店になることも

可能になってきます。

 

ゆり
タピオカ美味しいですよねー!インスタ映えもするし、最高です!

Hajime
インスタ映えすることも流行った一つの要因かもですね!このあと一緒にタピりますか☆

ネットはSNSの時代に突入している

あなたも薄々感じているとは思いますが、

ブログとSNS、今はどちらが流行っていますか?

 

そうです。SNSですよね。

 

 

こちらも昨日(2019年8月21日)

中国でニュースになったものですが、

 

日経新聞にて、

「香港、中国当局とデモ隊が

情報戦 SNSで世論操作 」

ということで取り上げられています。

 

今やSNSは世論操作をするほどの

影響力を持っているということです。

 

もちろん、

あなたも生活の中でSNSを使っていますよね。

 

これからブログで稼ごうとする方もいますが、

今の時代に合っていると思いますか?

 

正直言って、私はかなり困難だと思います。

 

あなたがブログではなく、SNSアフィリエイトをするべき理由

はっきり言います。

 

なぜあなたがブログアフィリエイトではなく、

SNSアフィリエイトをすべきなのか。

 

それは、

 

SNSアフィリエイトこそが

時流に乗った

ビジネスだからです。

 

もちろん、

10年後もSNSアフィリエイトが

通用するかはわかりません。

 

しかし、

時流に乗ったビジネスを行うことを徹底すれば、

大きな失敗というものは避けることができます。

 

なので、

その時代に合わせてビジネスを行うことが

成功への鍵となるわけです

 

ブログの時代は終わりました。

 

これは私だけの考えではなく、

これまでブログを牽引してきた

インフルエンサーも同じように言っています。

 

 

これから副業で

ブログを始めようと思っている人は、

そう言った背景もわかった上で始めましょう!

 

Hajime
もちろんブログで稼いでいる人も数多くいます。しかし、かなり厳しい世界なので、中途半端な気持ちで始めないようにしましょうね!

まとめ

時流に乗ったビジネスは

成功するためには欠かせません。

 

私もネットビジネスに関して

特別な知識や能力があるわけではありません。

 

しかし、なぜこのように

毎月100万円以上の収益を

あげることができているのか。

 

もう言わなくてもわかると思いますが、それは、

 

時流に乗ったビジネスを

行なっているからです。

 

私もブログのように

時流に逆らったビジネスを行なっていたら、

間違いなく今でも稼ぐことは

できていなかったと断言できます。

 

もしあなたも

アフィリエイトを行うのであれば、

私のように時流に乗ったSNSアフィリエイトを

行うことを強くオススメします

私が取り組んでいるアフィリエイトにご興味がある方はコチラ!

あなたが稼げるように全力でサポートします!

 

些細なことでも結構ですので、

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

◆LINE@はこちら↓

LINEID:@jxx9653g

スマホの方はワンタップで追加できます。

パソコンの方はQRコードを

読み取って追加できます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事